本文へスキップ

相続,遺言書作成で司法書士事務所をお探しなら大田区のノア法務司法書士事務所

トップページ>相続手続き相続放棄>相続放棄よくある質問

相続放棄よくある質問


相続財産を売却した後でも相続放棄が出来るか


相続人が相続財産を売却した場合、原則として相続放棄をすることが出来なくなります。

相続人が自己のために相続が開始したことを知りながら相続財産を処分した場合は相続を単純承認したものとみなされ、相続放棄をすることが出来なくなります。

相続放棄は相続人全員でしなくてはいけないか


他に共同相続人がいたとしても、放棄するかしないかは各自の自由です。

ですので、自分が相続を放棄しても他の相続人は相続を承認することも出来ますし、他の相続人が放棄したとしても自身は相続財産を相続することが出来ます。

もっとも「限定承認」の場合は共同相続人全員でする必要があります。

相続放棄をしたら相続財産はどうなるか


例えば父親Aが亡くなった場合で相続人が母親Bと自分自身の場合、

父親に借金が多く残っており財産がない場合に自分とBが相続放棄すると、借金は第二相続人であるAの親又はAの兄弟姉妹に承継されてしまいます。

ですので、この場合自分達が相続放棄したからと言ってその後の対応をしていないと、借金を相続してしまった叔父叔母等が債権者から請求されることにより思わぬ揉め事になる恐れもあります。


相続放棄の撤回は出来るか


一度相続放棄をした場合相続放棄を撤回して相続人となることは出来ません。
もっとも騙されて相続放棄したような場合には相続放棄を取り消すことが出来ます。

相続人が認知症の場合相続放棄が出来るか


この様な場合後見開始や保佐開始の申し立てを行い後見人や保佐人が変わって相続放棄をすることになります。

あらかじめ相続放棄をすること出来るか


相続発生前にあらかじめ相続人間で相続放棄の契約をしたとしても無効となります。

相続放棄の3か月の期間には休日祝日も含まれるか


相続放棄の期間である3ヶ月には休日・祝日も含まれます

期限日が休日の場合どうすればよいか


相続放棄の期限である3ヶ月丁度の日が休日・祝日の場合
高等裁判所の窓口に提出することが出来ます。
詳しくは管轄の裁判所にお尋ね下さい。

同順位の相続人間で重複する戸籍等は一式で良いか


この場合重複する戸籍は一式で構いません。

相続放棄で提出する戸籍等は返してもらえるか


相続放棄で提出する戸籍等は原本還付されません。
すなわち返してもらうことは出来ません。

もっとも重複する戸籍は一式で構いませんので、第一順位の相続人全員が相続放棄した後
第二第三の相続人が相続放棄する場合
前に提出した被相続人の戸籍等を提出する必要はありません。


相談申込みフォーム


トップページ 代表紹介 事務所概要 業務一覧 動画配信 報酬一覧 お問い合わせ
大田区のノア法務司法書士事務所
メニュー
業務・報酬一覧
相続手続き
遺言書作成
不動産登記
(不動産名義変更)
会社設立
役員変更
NPO法人設立
損害賠償請求
示談
不倫慰謝料請求
内容証明郵便作成

 代表 遠藤太郎 略歴

会員番号東京第6117号
簡裁認定第1101129号
司法書士会大田支部

1977年生(37歳)
東京都大田区池上出身・在住

12年及ぶ資格受験の末、
司法書士試験に 合格致しました

受験時代の様々な経験を武器に地域密着で
相続・会社設立・遺言書作成・示談のお悩みを
全力サポートさせて頂きます

ノア法務司法書士事務所 代表 遠藤太郎

ノア法務司法書士事務所

営業時間9時から19時
夜間・土日祝日対応致します

〒146−0082
東京都大田区池上
1−23−10

TEL 03-6410-9788
FAX 03-6410-9799
MAIL 
endotaro@iris.ocn.ne.jp

大田区相続支援ネット

当事務所も運営に参加しております 。大田区相続支援ネット。
株式会社設立


はてなブックマークに追加  Clip to Evernote



士業検索ポータルサイトサムライウェブ
  
  
相談申込みフォーム 相談申込み 相談申込みフォーム メール申込